Tiktok攻略大全【スライド2,346P】
未分類

【完全保存版】Tiktok運用代行者の僕がTiktok運用代行で稼ぐ方法を完全公開【未経験から稼げる】

giver

TIktok運用代行のメリット

なぜなら、数ある副業の中でも運用代行が良いという理由を知らなかったら途中で、

まず、Tiktok運用代行のメリットをサクッと伝えます

「やっぱり別のことやろうかな」

「自分には向いてないのかも」

と諦めてしまうからです。

僕は30種類近いビジネスをやってきましたが、Tiktok運用代行はぶっちゃけ最強です。

今やっている仕事をすべて中断して、今すぐ取り組む圧倒的なメリットがあります。

結論TIktok運用代行のメリットは大きく3つあって、

  • 需要が大きいこと
  • 長期的に稼げる
  • 食いっぱぐれないスキル

まずは需要が大きいということですが、

あなたはTiktokとYoutubeどちらが見られていると思いますか?

実は、Youtubeの視聴時間をTIktokが抜いています。

アプリ調査会社「data.ai」が発表した最新データによると、

2022年1〜3月のユーザー1人当たりの平均月間視聴時間で、「TikTok」が、「YouTube」を上回りました。

なので、世界的なショート動画の大流行によって、Tiktokを使って集客したいという企業は多いです。

実際にマクドナルドやユニクロなどの大手企業も続々とTiktokに参入してきています。

https://www.tiktok.com/@mcdonaldsjapan
https://www.tiktok.com/@uniqlo_jp

需要が大きいということは運用代行の仕事が取りやすいということで、

Tiktokのように伸びている市場では、圧倒的な人手不足が起こっているので短期間で収益化することができます。

長期的に稼げる

そしてTIktok運用代行のメリット2つ目が長期的に稼げること。

断言します。

TIktok運用代行は今後10年経っても稼ぐことができます。

なぜ、運用代行者が長期で稼げると断言できるかと言うと、ショート動画の流行によって人間の身体にある変化が起こったからです。

これなんだと思いますか?

3.2.1

そう何が起こったかというと、人間の集中力が極端に短くなっているんです。

特にZ世代と言われる若者は、ショート動画を軸に育っているので、もう長い映画などを見られなくなっていると言われています。

つまり、今後も確実にショート動画の需要は高まっていくということです。

先程行ったように需要が高まれば人材不足が起こり続けるので、収益化しやすくなります。

マーケティングスキルがつく

そしてTIktok運用代行のメリット最後が、これが一番のメリットですが、一生使えるマーケティングスキルがつくこと。

前提として、事業が潰れる最も大きな原因はなんでしょうか?

って集客できなくなることですよね。

どんな商売も集客が一番大事で、お客さんを集めることさえできれば、食いっぱぐれることはありません。

運用代行を通して、マーケティングスキル、SNSを使って集客するスキルをつければあなたはどの業界にいても、お客さんを集めることができ、どんなビジネスでも成功させることができます。

「いやっホントかよ!」って思うかもですが、実際僕は1万フォロワー以上いたインスタアカウントが停止しても、

それまでに身に着けたマーケティングスキルがあったので、2ヶ月でTiktokを攻略して750万円以上のマネタイズに成功しました

「いや、ほしさんだからできたんでしょ!」って思うかもですが、

僕以外にも元々理学療法士をやっていた友人がSNSマーケティングを学んでいまフリーランスとして月に100万円以上稼いでいたり、

50代のもともとTIktokなんてやったことなかったコンサル生もSNSマーケティングを学び、月に50万円以上稼いでいたりします。

TIktok運用代行のデメリット

そしてここまでメリットを伝えましたが、しっかりデメリットも伝えていきます。

Tiktok運用代行のデメリットは、

・スキルを身につけるまでには時間がかかる

・トレンドを追い続ける必要がある

要するに、最初からラクして稼げるわけではないし、勉強を続けないといけないということです。

ただこれはどのビジネス、副業でも同じじゃないですか?

裏を返せば、楽して稼ぐことができないってことは、軽い気持ちで始めたライバルたちがどんどん脱落していくってことで、

しっかり勉強を続けてスキルを身につければ長期的に稼げます。

そして、ここまでTIktok運用代行のメリット、デメリットについて話してきましたが、ここからがいよいよ本題です。

TIktok運用代行で稼ぐおおまかな流れ

TIktok運用代行で月30万円稼ぐ流れですが、

これは僕がいろんな方法を試して、最も再現性の高かった方法なのでしっかり聞いてください。

まず全体の流れは4ステップです!

1.スキルを付ける/実績をつける

1.スキルを付ける/実績をつける。

まずは運用代行するためのスキルを大きく2つつけます。

2.営業準備をする

そして、スキルがついたら次に営業準備をしていきます。

このあと詳しく解説しますが、営業にはプッシュ型とプル型の2パターンあります。

3.1社運用代行をする

そうして営業から、まずは1社運用代行を獲得して実際に運用代行を実践していきます。

4.取引先の拡大

そして、その運用代行した実績をもとに取引先を拡大していく

という流れです!

ただここまで聞いて、

「最初のスキルをつけるのってどうやってやるの?」

「スキルってそんなすぐつくわけじゃないし難しいでしょ」

「営業ってやったことないしなんか難しそう」

って思った方いますよね。

まず、スキルをつけるのに、一番オススメなのはどこかの代行者の元で運用代行の手伝いをさせてもらうことです。

手伝いをすればあなたが運用したという実績にもなりますし、手伝いながら、プロから指導を受けて効率よくスキルもつけることができます。

実際僕も、運用代行をやっている方のもとで、北海道の地方議員さんの運用を手伝いながらスキルを磨きました。

そして、「営業なんてやったことないし」

これに関しては、この後具体的な営業ステップを解説するので安心して下さい!

実際僕も営業未経験からはじめてますし、僕のコンサル生も9割以上が営業未経験から案件を獲得しています。

ということで、それぞれ詳しく解説すると、

TIktok運用代行で稼ぐ具体的な流れ

1.スキルをつける

まずはステップ1のスキルをつける。

ここが最重要なのでしっかり聞いてください!

具体的にTiktok運用代行にはどんなスキルが必要だと思いますか?

ていうと3つあって、これ何だと思いますか?

3.2.1

そう、

  • 企画力
  • 台本力
  • 動画編集力

です。

それぞれ簡単に解説すると、

まず企画力は、投稿するネタを作ることで自分でゼロから考えるのではなく、伸びている動画の企画をかけあわせたりします。

なので、言い換えるとリサーチ力とも言えます。

そして台本力は、決まった企画に対して台本を書いていく作業です。

特にTIktokは冒頭が大事なので、冒頭の言葉をどれだけキャッチーにするかが肝になります。

そして3つ目の動画編集力は、撮影した動画を見やすく、面白くする力です。

この3つの力さえあれば、運用代行者としてやっていくことができます。

「でも、どうやってスキルをつければ良いの?」って思いますよね。

先程もチラッと説明しましたがスキルをつける方法は大きく2つあって、

  1. 自分でアカウントを育てる
  2. プロから教わる

それぞれサクッと解説すると、

①自分でアカウントを育てる

まず、自分でアカウントを育てるに関しては

当たり前ですが、自分でTiktokのアカウントをゼロから運用していくことで勝手にスキルがついていきます。

この時のポイントは、とにかく伸びやすいジャンルを選んで下さい。

なぜだと思いますか?

って、最初に言ったようにこの後のステップで、企業に対して営業をするんですが、実際に案件を取る時にフォロワーの多さが重要になってくるからです。

伸びにくいジャンルで1,000フォロワー獲得したとしても、そのすごさが伝わりにくくて、

企業側から見れば「1000フォロワーしかいないの?」となってしまいます。

じゃあ伸びやすいジャンルってなに?

って思いますよね。

具体的には、

健康、転職、お金、恋愛、美容

です。

これは以前、こちらの動画で伸びやすいジャンル「HARMの法則」について詳しく解説したので、合わせて見てみてください!

②プロから教わる

そして、最短でスキルを付ける方法2つ目が、プロから教わるです。

ちなみに僕は、自分でアカウント運用+プロから教わるを両方やりました。

具体的には、自分で恋愛系のジャンルの投稿を作りながら、すでに成果の出ている人から教わっていったんです。

どちらもやった経験から言えるのは、学校の勉強と一緒で独学でやると体得までに膨大な時間がかかるので、その道の先生から教わるのが圧倒的におすすめです。

ただこれを聞いて、

「それは、あんたが運用代行の先生をやっているからそういうんだろ!」って思った方いるかもですが、たしかにポジショントークに聞こえるかもですが、

僕はほんとに、最初独学で長くやって膨大な時間をムダにして、

「ささっとプロから学んで、もっと稼げるようになっていたら

もっと自由に働けたり、もっと早くから海外旅行に行けたり、親に仕送りしてあげたり、

と本気で後悔しているから伝えています。

2.営業準備をする

そしてここまで、スキルを付ける方法を解説してきました。

先程伝えた3つのスキルを覚えていますか?

  • 企画力
  • 台本力
  • 動画編集力

でしたね。

スキルを付けたら次のステップ、営業準備です。

いよいよ運用代行の案件を獲得するために動き出します。

まず、案件を取る方法は大きく2つあって

です。

  1. プッシュ型
  2. プル型

1.プッシュ型

プッシュ型は、自分でDMやメールなどをして獲得する方法で、

2.プル型

プル型は、「相手側から運用代行をやってくれませんか?」と依頼がくる方法です。

じゃあ、「どちらが良いの?」っていうとこれには段階があって、最初のうちはプッシュ型が良いです。

なぜならシンプルに実績の少ないうちは、相手からやってくださいと来ることがないからです。

なので、

プッシュ型で案件を獲得してその実績や運用ノウハウを発信していき、最終的にはプル型でこちらから営業をかけずとも、どんどん依頼が舞い込むと言う形が理想です。

具体的にTIktok運用代行を1件獲得するまでの流れ

具体的にどうするか?

僕がゼロから案件を獲得するならどうするかっていうと、まずはプッシュ型の営業ですね。

プッシュ型

具体的には、クラウドワークスに登録します。

クラウドワークスとは、一言でいうと、仕事を依頼したい人と、受けたい人をマッチングさせるサイトです。

このクラウドワークスには、こんな感じで、台本を依頼している会社や、動画編集を依頼している会社がたくさんあります。

ここに応募していって、案件を獲得します。

そして次に、ココナラに登録します。

ココナラはクラウドワークスと似ているんですがちょっと違って、

クラウドワークスは募集している仕事にこちらから応募するに対して、ココナラは自分が仕事を募集する形になります。

具体的には、こんな感じで自分ができることと料金を書いて、仕事を依頼したい人を探すことができます。

そしてここまで、クラウドワークス、ココナラを実行したら、

次は、Tiktokリサーチ営業です。

具体的には、TIktok内で伸びてないアカウントを探して

  • その会社をGoogleで検索してメールする
  • TIktok内でDMを送る

この2つを実行します。

「DMだけじゃだめなの?」って思ったかもですが、DMは送るのが簡単なのでやっているライバルも多いです。

なので、メールも送って担当者が見逃すのも防ぐことが大事なんです。

これが、プッシュ型の営業です。

最初はこのプッシュ型で1件獲得して、平行してプル型の集客ができるように発信していきます。

そしてここまで、プッシュ型の案件獲得方法として3つ説明しましたが覚えていますか?

そう、

  • クラウドワークス
  • ココナラ
  • TIktokリサーチ営業

です!

そしてプッシュ型をすべてやったら次は、プル型の営業獲得に動き出します。

プル型

改めて説明すると、

プッシュ型は自分から営業をかけて獲得するのに対して、プル型は企業側から「運用代行お願いします」と依頼される方法です。

「ただそれって難しいんじゃないの?」って思ったかた多いかもですが、

これから話す方法をコツコツと続けていれば必ず依頼が来るようになります!

しっかり集中して聞いてください!

ということでまず、プル型の集客方法は大きく3つあって、

  • SNS(TIktok、Youtube、Instagram、X)でTiktok攻略の方法を発信する
  • ブログを書く
  • 広告を回す

という方法があります。

もっともおすすめなのは、TIktokでTiktokの攻略方法について発信することです。

Tiktokで集客したいと考えている企業の方はTiktokをほぼ見ているので、

TIktokでその攻略方法について有益な情報を発信して、担当者の目にとまれば運用代行を獲得することができます。

実際僕が案件を受けている9割以上は、TIktokからの依頼です。

3.運用代行を1社やる

そして、ステップ3が運用代行を1社やる。

今伝えた戦略でやれば、必ず1社獲得できるのでまずは1社の運用代行を担当してみましょう!

「でも、いくらで受ければ良いの?」って思ったかた多いと思いますが、

運用代行の業界相場は、月15本投稿で30〜50万程度です。

ただ、最初はとにかく実績作りが大事です!!

相場の半額でも良いのでまずは1社受け持ってみましょう!

4.取引先の拡大

そしてステップ4が取引先の拡大。

どうやるかというと1社担当しながら、

  • ・Tiktok攻略アカウントを伸ばす
  • ・実績を元に更に営業をかける
  • ・横のつながりで他の会社を紹介してもらう

このように運用代行先を拡大していきます。

でも、1人でやるには限界があるのでは?

って思いますよね。

その通りで、僕の経験上1人で担当できるのは多くても5社までで、それ以上になると提供する質が下がってしまいます。

なので、徐々に外注化や、チーム化を進めていきます。

例えば、先程説明したクラウドワークスで、動画編集者を募集して動画編集だけ外注化したり、ライティングが得意な方を雇用したりして、

自分はチームを管理するという感じです!

Tiktok運用代行で稼ぐ流れまとめ

ということで長くなったので一旦まとめるとTiktok運用代行で稼ぐ流れは4ステップでした!

まずはスキルを付ける。

最短で身につける方法は2つでしたが、覚えていますか?

ってそう、

1.自分でTIktokアカウントを育てる

2.そしてプロから教わる

でしたね。

そしてステップ2が、営業準備をする

ステップ3が、1社運用代行する

そして、ステップ4、最後は取引先の拡大をしていく

この4ステップを守れば、運用代行未経験の個人でも月収30万円、多い人だと月収100万円以上目指すことが必ずできます!

実際僕も、この4ステップで2ヶ月で月収200万円を達成しました。

そしてここまでTIktok運用代行として稼ぐ具体的な流れを解説しましたが、ここからTiktok運用代行として稼ぐ注意点も話していきます。

Tiktok運用代行者で稼ぐ注意点(コツ)

この注意点を守らないと、

  • ある日突然売上がゼロになってしまったり、
  • 運用代行者として稼ごうと思ったけど3ヶ月経っても1年も稼げなくなってしまう

なんてことになってしまいます。

7つあるので、しっかり注意して聞いてください!

1.アルゴリズムを追わない

ということで、まず1つ目の注意点はアルゴリズムを追わない

アルゴリズムとは、簡単にいうと伸びる仕組みのことです。

そして、よく色んな発信者の方がこう言ってるの聞いたことないですか?

「Tiktokの最新アルゴリズムを解説!」

「アルゴリズムが変わりました!こうすれば伸びます!」

と言っていますよね。

こんなこと言うと怒られちゃいそうですが、

ぶっちゃけそれはすべてムダで、なぜならアルゴリズムっていうのは公開されてないからです。

なぜかって、こうすれば伸びますってTiktokが公開すれば、みんなそれをやって伸ばすことができますよね。

何か悪い企みを持った人でも伸ばすことができてしまうから、公開しないんです。

そして、TIktokに限らずどのSNSに置いても大事なことは””視聴時間””です。

いかに動画を長く見てもらえるか、これを考えれば伸びます。

なぜだと思いますか?

って、Tiktokの収益モデルは広告だからです。

じゃあ、広告を見てもらうにはどうすればよいか?っていうと、とにかく長くTIktokに滞在してもらうこと、つまり動画の視聴時間ですね。

これにこだわれば良いんです。

だから、アルゴリズムがどうとか気にせずに、いかにそのあなたが作る投稿に長く滞在してもらえるかを考えればOKです。

2.全部試す

そして、Tiktok運用代行者で稼ぐ注意点2つ目が、全部試すです。

これ特に営業における部分のことで実際過去の僕もそうだったんですが、

特に最初のうちは、

「自分から営業をかけるのは嫌だな」

「ココナラ登録するの面倒だから嫌だな」

とか思っちゃうんですね。

でも、必ずすべて試しましょう!

なぜなら、最初は実績が少ないので案件が取りにくいからで、

その中でも、色んな手段を使うことであなたを見てくれる人が増えて、運用代行の獲得に繋がります。

実際過去の僕も「自分から営業はしたくない」と思っていたのを少し勇気を出して、5社に営業メールしたところ、すぐに1社獲得することができて、

「なんで今までやらなかったんだろう」となまら後悔しました。

3.ポートフォリオを作る

そして、Tiktok運用代行者で稼ぐ注意点3つ目が、ポートフォリオを作る。

クライアントがもっとも重視するのは、あなたの実績です。

ただ、実績がたくさんあったとしても、それが見づらいと案件が取れないです。

なので、簡単なHPでいいので作って一覧で見やすいように過去の実績をまとめていきましょう!

ただこれを聞いて、「HP作るなんて難しそう」って思ったかもですが、ペライチやWIXなどを使えば無料ですし、テンプレートがあるので簡単に作ることができます。

4.トレンドを追い続ける

そして、Tiktok運用代行者で稼ぐ注意点4つ目が、トレンドを追い続ける

TikTokはトレンドが命です。

一度や二度バズったことで「TIktokもう理解したわ!」と勉強を辞めてしまう人も多いですが、

TIktok運用代行社として、企業の投稿をバズらせて、稼ぎ続けるには最新のトレンドを常に把握する必要があります。

「でも、トレンドってどうやって把握するの?」って思った方いるかもですが、

これはシンプルにTIktokのおすすめ欄に、流れてくるのがトレンドの投稿です。

例えば、「なあぜ、なあぜ?」が流行ったときはみんなやってましたよね!

5.登る山を合わせる

そしてTiktok運用代行者で稼ぐ注意点5つ目が、登る山を合わせること。

これめちゃくちゃ重要で、

例えば、依頼者は売上を増やしたいと思っていたが、あなたはフォロワーを増やすことに注力していた場合、

フォロワーが増えても、全然成果出てないじゃんと契約解除になったり、クレームになったりします。

・とにかくバズりたいのか?

・フォロワーを増やしたいのか?

・売上を増やしたいのか?

必ず、運用代行を開始する前に依頼者と、「登る山」、目標をすり合わせましょう!

6.とりあえず1件やってみる

そして、Tiktok運用代行者で稼ぐ注意点6つ目が、とりあえず1件やってみる

これもめちゃくちゃ大事で、

僕が見てきた中で上手くいかない人、なかなか稼げない人は、完璧な状態になってから案件を獲得しようとします。

でも、

「頭の中で泳ぐ練習をしても、いつまで経っても泳げるようにならない」のと一緒で、

まずは1社受けてみて、案件をこなしながら成長することが大事です。

7.依頼は積極的に断る(案件を抱えすぎない)

そして、Tiktok運用代行者で稼ぐ注意点の最後が、依頼は積極的に断るです。

「えっ断ったら稼げないじゃん」って思った方多いかもですが、

大丈夫dす!

この動画を見るくらい真面目なあなたは、Tiktok運用代行でガンガンマネタイズできます。

でも、そんな真面目なあなただからこそ、すべての依頼を受けてしまって疲弊していきます。

実際僕は1件担当したら、そこの社長さんの紹介で7件も紹介をいただきました。

せっかく紹介されたから頑張ろうとすべての依頼を受けたら、ほんと睡眠時間2時間みたいな状態になって疲弊しました。

ここでいきなり質問ですが、Tiktok運用代行で稼ぎ続けるのに一番大事なのは、何だと思いますか?

3.2.1

そう、良い口コミです!

もし案件を抱えすぎて質が落ちてしまったら、評判が落ちて、だんだんと依頼が来なくなってしまいます。

身体を壊せば質が落ちてしまうので、依頼は積極的にお断りして、健康第一にやっていきましょう!

復習

ということで今回は、

TIktok運用代行で月30万円稼ぐ方法と言うテーマで話をしてきました。

サクッと復習すると、

運用代行で稼ぐ流れは4ステップで、覚えていますか?

  1. スキルをつける
  2. 営業準備をする
  3. まずは1社運用代行をする
  4. 取引先の拡大

そして、Tiktok運用代行で稼ぐコツを7つ紹介しましたが、覚えていますか?

  1. アルゴリズムを追わない
  2. 営業は全部試す
  3. ポートフォリオを作る
  4. 登る山を決める
  5. トレンドを追い続ける
  6. とりあえず1件やってみる
  7. 依頼は断る

でしたね!

さいごに

ぶっちゃけ最初は、

「できそう!」って感情より、「自分にもできるのかな?」と不安になることのほうが多いと思います。

実際、僕もそうでした。

でも、アメリカの偉大な経営者ヘンリー・フォードは、

「何事も成功するまでは不可能に思えるものである」

と語っています。

つまり、今はやったことないから「難しい」「本当にできるのかな?」と感じているだけです!

ありきたりな言葉ですが、人生一度きり。

決して楽ではないですが、

ぜひ一緒に挑戦して、あなたの一度きりの人生をみるみる豊かにしていきましょう!

TIktok攻略No.1
あっこちら受け取りました?
自己紹介
株式会社Namaka
株式会社Namaka
ショート動画攻略のプロ集団
わずか2ヶ月でTIktok6,000フォロワー、700万以上のマネタイズに成功、1年半で、instagram総フォロワー20万人超の専門家が、TIktok、インスタのフォロワーを増やす方法を解説。初心者が最速で1万フォロワー突破するテクを伝えます!
記事URLをコピーしました